信用取引の情報収集は積極的に!

実際に信用取引をしていなくても儲けられる!?

信用取引はハイリターンであると同時にハイリスクでもあるため、実際に取引することを敬遠しているトレーダーも多くいます。しかし、実際には信用取引に関する情報を収集していれば、信用取引を行っていなくとも株取引で利益を出すことが可能になってくる場合があります。
例えば、日にちに応じた信用取引の建玉数をウォッチしているだけで、おおよその株価動向をつかむことが可能です。制度信用取引に指定されている銘柄は出来高が膨らんだ3ヶ月後、強制決済により株価が上昇しやすくなります。100%こうした動向が現れるというわけではありませんが、それを見越して現物買いしておけば上手く株価上昇の波に乗ることができるため、信用残と呼ばれる信用取引に関する指標は積極的に押さえておきたい所です。

保有株がある場合は信用取引で儲けられる!

少々株価が落ち込むようなことがあっても、長期保有することを決めている銘柄がある場合は、信用取引で軽く利益を出すことも可能です。
信用取引では膨大な空売り注文が出て、証券会社が保有する株数を越えてしまった場合、貸株料を積み増して株の保有者にそれを支払い、空売り株を融通する制度があります。これは逆日歩と呼ばれますが、もし長期保有している銘柄に対して逆日歩が支払われる場合は、証券会社に貸与すると良いかもしれません。
口座に保管しておくだけでは、株そのものは利益を生むことはありません。しかし、逆日々を行えば、貸与した株価が完全に保証された状態で利益のみを手にすることも可能です。そのためにも、信用取引に関する動向は積極的にチェックしておくようにしましょう。