初心者でも安心できる信用取引の始め方

証拠金とレバレッジのことを知っておく

投資をするとき、通常は投資対象分のお金を用意する必要があります。100万円の株式なら100万円を用意しなければいけません。信用取引の場合、必ずしもそれだけのお金を用意する必要はありません。
信用取引では、証拠金と呼ばれるお金を入れておき、それを元に投資を行います。この時に入れておくのは、株式の信用取引なら、実際に投資したい額の3分の1程度でも可能です。100万円の投資なら、33万程度から行えます。ただ、初心者の場合であれば、もう少し多く持っておいても良いでしょう。証拠金が不足しないようにすることも必要です。
信用取引ではレバレッジと呼ばれる考えがあり、どんどん利益が増やすことが出来ます。注意としては、損が出た時も同じように増えていきます。ですから、初心者が大きなレバレッジをかけるのはあまりよくありません。最初は小さいレバレッジから始めるとよいかもしれません。

売りから始めるとはどんな取引か

商売をするときにも、商品を仕入れてから販売をします。つまりは買ってから売る取引です。通常の投資でも、買ってから、価値が上ってから売る方法を取ります。信用取引でも同じように買ってから売る方法が取られます。それ以外に先に売る取引も可能です。
相場が下がっているとき、買ってから売ろうとしても利益を出しにくいです。でも利益を得たいです。この場合、価値が高いと感じたところで売りから始めます。そして思惑通り下がってきたら買います。先に売って後で買い戻しますが、高く売って安く買うのでしっかり利益を得ることが出来ます。初心者の場合は鳴れないこともあるので、最初は買いから始めるのが良いかもしれません。徐々に売りからの取引にも挑戦してみましょう。