こうすれば信用取引で利益を得られる!

現物取引と組み合わせて利益を得る!

証券会社などから資金や株そのものを借り、それを元手に株式運用するのが「信用取引」です。この信用取引に関しては、理論上は損失額に際限が無いことから、とてもリスキーな資産運用だというイメージを持たれています。
実際、明確な理論と手法、データに基づかずに信用取引のみで利益を出そうと思っても、ほぼ確実に損失しか生まれません。しかし、現物取引を上手く組み合わせることで、信用取引は初心者でも簡単に利益を得られる有用な取引手法へと変貌します。例えば、株価が上昇し続けている銘柄の利益確定をする際、空売りで同一銘柄を売ったような体裁にしておけば、保有している株を手放さずに擬似的に利益確定することも可能です。
信用取引単体で利益を出すためには膨大な努力と精神力が必要ですが、現物取引と一緒に運用するように心がければ、そうした煩わしさから解放され、初心者でも容易に手を出すことができるのです。

信用取引で100%利益が出せる方法とは!?

株取引において利益が出るか出ないかは株価の動向が全てですが、信用取引を活用すれば、そういった要素を完全に排除して利益しか出ない取引を行うことも可能になります。
一見すると胡散臭そうにも聞こえますが、やり方としては単純明快で誰でも実践できるものです。まず、株主優待権の権利落ち日前に、優待が欲しい銘柄を購入します。それを同時に同一の銘柄を空売りしておけば、株価の動きに全く関係なく、手数料と金利のみで株主優待権を得ることができてしまいます。株主優待権を得るに当たって、結局株価が暴落して大損をしたのでは元の木阿弥です。この手法を活用すれば、株価がどれだけ変動使用とも現物買いと空売りで利益と損失は完全に相殺されてしまうため、株主優待権だけを利益として手に入ることができます。