信用取引を始める前に知っておきたいこと

信用取引のシステムを押さえておこう!

株取引の手法を大きく進化させてくれるのが信用取引です。信用取引を行うことで利益を得る可能性は飛躍的に高まりますが、一方で損失が出る可能性も高めてしまうため、事前に信用取引に関する知識やデータを揃えておく必要があります。
まず、信用取引の基本的なシステムについてしっかりと把握しておきましょう。信用取引には取引手数料とは別に、借用した資金や株に対して金利がかかります。従って、取引するための原資である委託証拠金のほかに、金利分のコストを用意しておく必要があります。昨今ではデイトレードであれば金利がかからない証券会社などもありますが、どのような期間信用取引を行うのかをしっかりと想定しておき、それに応じて金額をしっかりと口座に差し入れておくようにしましょう。

信用取引を行う前にしっかりと心得ておくこと

知識やデータ、そして資金のみを揃えても、それだけでは信用取引を行うには不十分です。信用取引においては、しっかりとした取引イメージと心構えを持っておかなければなりません。
まず、よほど運が良いか、利益の確度がよほど高い取引システムでも用いない限りは、信用取引のみで利益を出すことは難しいと言えます。特に初心者が信用取引で利益を出すためには、現物取引との併用は必須です。例えば株価が上昇している銘柄の擬似的な利確や株主優待の無料取得などが適当ですが、こうした手法で経験を蓄積していくことで「信用取引の急所」とも言えるポイントが見えてくることもあります。まずは、比較的安全な現物取引のサポート役として信用取引を行うことから始めるようにしましょう。